カニお取り寄せで管理人がこだわること

蟹は近海でとれ、国内加工、無添加にこだわる!

わたしは基本、ナチュラル派です。徹底はむずかしいですが、できる限り質の良さにこだわります。基準は”それは自然か?”です。

 

人も自然界の生き物ですからなるべく自然がいいと思います。生命力のある食べ物を摂る方が人も健康でいられると思うから。

 

 

例えば、野菜や果物は自然に育った方が温室育ちよりも強いでしょう?そして新鮮な方が生命力もあり、栄養価も高いです。魚介類も天然の方が養殖よりもおいしいし、健康効果もあるといことは、自然に考えて当たり前だと思います。

 

 

かには養殖されていないので天然ですが、加工地は念のため、国内加工にこだります。摂れる地域は北海道近くの海ですから海はつながっているので特に気にしません。

 

アフリカ産とかだったら日本の近海にしますが、カニはそういうところでは輸入はされていないので。でも、基本は近海ですね。そして、加工地は日本。

 

蟹の場合会社により、商品に無添加と記載がある会社もない会社もありますが、商品詳細箇所の、原料や原材料の欄を見ればわかります。蟹と食塩以外がなければOKです。また、調理されたものは食品添加物の入った調味料や防腐剤などが使われていることが多いのでカニそのもを買った方が安全です。

 

 

 

ここでご紹介しているかに通販は、ほとんど無添加で国内加工ですが、生のかになどに加熱すれば影響のない保存料を使っていることがありますが、原料の欄に記載があるのでチェックすればOKです。

 

どのサイトも保存料などが使われている場合は商品ごとに記載があります。無添加の場合は何も書かれていないことも多いです。

蟹の無添加は原料の欄に記載されている場合が多い。

蟹はすべて天然のものですが、加工によっては防腐剤が添加されている場合もあります。茹では少ないのですが、生とか調理済みの場合は添加物が使われることはあります。

 

加熱して食べれば問題ないとのことですが、わたしは無添加にこだわります。防腐剤は通会社によって違いますが、酸化防止剤(V.C)、亜硫酸塩、亜硫酸Na、エルソルビン酸Na、など。

 

買いたい商品を選んでクリックし、下にスクロールすると、原料とか原材料とかの欄に記入されています。加工地も記入されています。

 

無添加の場合は無添加とは記述はない場合もありますが、原料のところに添加物は記入されているのでわかります。なので、商品を選び、加工地と原料を確かめ購入を決定します。

 

 

蟹の加工は、茹で冷蔵、茹で冷凍、生冷蔵生冷凍、生むき身などいろいろですが、食べたい料理に合わせて、食べたい日に合わせて決めます。冷蔵庫の場所を摂りますからすぐ食べるの一番ですね?そして早く食べた方がおいしいですし。

 

カニお取り寄せランキングページに戻る